« 日本むかし話 | トップページ | 祝 WBC優勝! »

2009年3月24日 (火)

WBC2008

Wbc

盛り上がってますね~WBC。
野球にあまり興味がないボクも
国際大会は真剣勝負っていう感じが伝わってくるので観てますョ。
やっぱりイチローはカッコイイ!

さて。

日本VSアメリカ戦を観ていたら
これが真っ当なWBCの姿なんだろうな~なんて想いが湧いてきた。

「ベースボール」=「アメリカのスポーツ」というのが国際的な認識。
ベースボールを国際的メジャースポーツの地位に押し上げるうえでも
WBCはとても意義深い大会だ。(五輪から消えることを考えるとなおさら)

だからこういった国際大会で
勝ち上がった日本とアメリカがベースボール発祥の地で戦っている姿を観ていると
「あ~~これがワールドベースボールクラシックなんだな~~」
なんて感慨にふけってしまうわけです。

日本の野球が
アメリカのベースボールと対等に闘えるんだと。
そういう国で野球ができるんだっていう夢を子どもに与えられるでしょ?

それだけに
どこどこの国よりどこどこの国が強いっていう物語よりも
世界中の野球少年たちにとって
WBCは夢の舞台なんだっていう物語のほうを大切にしてほしい。
夢の舞台に立つためにはメジャーに入るしかなかったんだから。

日本にとってこの勝利は
そういう意味で歴史的なものだった。
次回大会からは日本はもっと厳しい戦いに追い込まれるだろうが
これまでが それこそ“レスリングと柔道のどっちが最強”みたいな
そういう幻想性で強さを比較していたところがあるのだから
ある意味では次世代の洗練されたベースボールが生まれてくるのだろう。

テコンドーと空手のどっちが強いなんていう下世話な興味は
実戦を重ねてゆくほどに無意味なものになっていくのだから。

ちなみに
日韓戦で勝利した韓国チームがマウンドに国旗を立ててましたが…
まあアレはレストランのお子様ランチ状態ですから
大人は軽くスルーしておきましょう(笑)。

|

« 日本むかし話 | トップページ | 祝 WBC優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC2008:

« 日本むかし話 | トップページ | 祝 WBC優勝! »